OL登山委員会非公式サイト

OL登山委員会関東支部の非公式サイトです。メンバの個人山行を主に記録します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

尾瀬ヶ原でラッセル

20130427-1.jpg


========================

◎日程:4月27日(土)~28日(日)

◎行程:
<1日目>
鳩待峠(13:00)~山ノ鼻(14:00)
<2日目>
山ノ鼻(5:00)~牛首(7:00~7:30)~ヨッピ橋(9:30)~竜宮小屋(10:30)~牛首(11:30)~山ノ鼻(12:10~13:00)~鳩待峠(14:00)

◎参加人数:2名(OL+元OL)

◎アクセス
<行き>
沼田(10:17)~戸倉(11:47)…バス(2100円)
戸倉(11:50)~鳩待峠(12:25)…バス(900円)
<帰り>
鳩待峠(14:30)~戸倉(15:05)…バス(900円) 
戸倉(16:02)~沼田(17:34)…バス(2100円)

◎ホテル玉城屋 日帰り入浴 … 700円

========================

本当は景鶴に行くはずだったのです。
思わぬ雪に敗退...

3年前のGWに尾瀬に行き、燧ヶ岳と至仏山に登って来たが、
途中で見えた景鶴山がずっと気になっていた。

登山道がないため、雪があるこの時期でないと行きづらい。
じゃあ、今年のGWこそ...ということで、景鶴に向かった。

直前の天気もよくなく、天気予報もイマイチ。
初日を山ノ鼻として、のんびりめに出発。

沼田でバスに乗車した時は晴れていたが、長いバス旅、
うとうとして戸倉のバス停で目が覚めたら(起こされたら)、
雪が舞っていた。
「鳩待峠積雪50センチ」と言われてもあまりその時はピンとこなかった。
バスを乗り換え、やはりうとうとして、気が付いたら、
この先除雪しないと進めないからと、鳩待峠の少し手前でバスを下ろされる。

鳩待峠で身支度し、出発するが、雪は相変わらずちらほら舞ってるし、
風も強い。
とりあえず山ノ鼻まで1時間だから、と歩きはじめ、
ほぼコースタイム通りでテント場到着。

まだ時間は早いが、やることがないので、テントでちょびっと宴会し、
さっさと夕ご飯を食べ、就寝。
雪はさっぱりやむ気配がなく、フライに降り積もってる気配が...


翌朝、雪はまだやんでなかった。
とりあえず、天気は回復に向かうはず、と準備をし、スタート。

しかしながらトレースは全くなく、山ノ鼻のすぐ先でルートを見失い、
地形図&コンパスで必死のルートファインディング。
昨日入山時、鳩待峠積雪50センチのところ、
さらに一晩で20~30センチは追加で積もっている。
ということで、しっかりラッセル。
全く進みません。

あ、人工物がある、と近づくとそこは木道。
下を水が流れてるので、木道の上をきちんと歩かないと、
水没してしまう。
ということで、全く適当に進んでしまう訳にもいかず、
右へ左へうろうろしながら進む。

激しくもぐる時とそうでもない時があり、あまりもぐらない時は
どうやら木道の上を歩いているのではないだろうか...という
結論に達するが、何しろすっかり雪に覆われて見えないため、
油断するとすぐに木道を外してしまい、激しくラッセルとなる。

夏道コースタイム45分の牛首分岐に到着したのは、
山ノ鼻を出発して2時間後の事だった。
こんなことでは、多分、山頂はムリだよなあ...
と思いつつ、ヨッピ橋に向けスタート。

引き続きラッセル+踏み外すと川に落ちてしまう、
バランシーな雪の積もった木道が続く。
途中でスノーシューの単独男性が追い越して行き、
トレース面では助かったが、あまりルート把握をしていない模様。
(彼はここまで私たちのトレースを活用して来たと思われ、
まあ、もちつもたれつ?)


20130427-2.jpg

何とかヨッピ橋まではたどりついたが、もうこの先ムリと敗退を決める。


20130427-3.jpg

このまま引き返すのも何なので、竜宮小屋に向かう。
お天気はすっかり回復し、青空がのぞきはじめた。

竜宮小屋から山ノ鼻に向かっては、既に立派なトレースが出来上がっており、
今までのラッセルが嘘のようにサクサク進む。

牛首分岐からは私たちの迷走したトレースがある。
果たして...と思ったが、あまり活用されておらず、
立派なトレースはためらいなく真っすぐ続いていた。


20130427-4.jpg


ほぼ夏道コースタイムで山ノ鼻に到着、テント撤収し、
鳩待峠へ。すっかり晴れて暑いぐらい。
消化試合的に黙々と歩いていたら、下って来た時とコースタイムが変わらなかった...

バスに乗って戸倉で入浴し、沼田からのんびり各駅で帰途についた。


思わぬ雪にやられました。
うーん、もう一回行かなきゃ、GW尾瀬。


(うっきー記)


スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/05/09(木) 23:58:23|
  2. 個人山行:上信越
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<御在所岳 | ホーム | 小金沢連嶺南部縦走>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://oltozan.blog77.fc2.com/tb.php/306-f688046e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カテゴリ

山行一覧 (2)
定例山行 (27)
個人山行:北海道・東北・常磐 (12)
個人山行:上信越 (23)
個人山行:奥多摩・秩父・中央線 (64)
個人山行:丹沢・東海道 (45)
個人山行:八ヶ岳 (30)
個人山行:南・中央アルプス (13)
個人山行:北アルプス (64)
個人山行:北信 (10)
個人山行:木曽 (0)
個人山行:関西 (10)
個人山行:中国・四国・九州 (2)
個人山行:その他 (3)
個人山行(海外) (1)
未分類 (2)
このBlogについて (1)

プロフィール

OL登山委員会非公式サイト

Author:OL登山委員会非公式サイト
OL登山委員会メンバーの個人記録です。

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。