OL登山委員会非公式サイト

OL登山委員会関東支部の非公式サイトです。メンバの個人山行を主に記録します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

北八ヶ岳 高見石~ニュウ

20120121-1.jpg

「そんなにニュウが好き?」
いえ、そういう訳ではなく。
確かに去年行ったばかりですけど。

新雪ノートレースも楽しめてなかなかよかったです。

========================

◎日程:1月21日(土)~22日(日)

◎行程:
<1日目>
渋ノ湯(11:35)~高見石(14:00)
<2日目>
高見石(7:40)~中山展望台(8:50~9:00)~ニュウ分岐(9:15)~ニュウ(10:20~11:00)~稲子湯(14:30)

◎参加人数:2名(OL+元OL)

◎アクセス
<行き>
※茅野まであずさ 
茅野(10:25)~渋ノ湯(11:22) バス …1100円
<帰り>
稲子湯~松原湖 タクシー …?円

◎高見石テント場:500円

◎稲子湯 日帰り入浴:600円
せっけん、シャンプーあり

========================





本当は昨シーズン2回トライして敗退した権現岳に行きたかったのです。
しかしながら天気予報イマイチに加え、行き先を相談した木曜の時点で
2人とも真剣に風邪を引いていた。
あまりハードなところはやめた方がよかろう...ということで、
北八ツに方向転換。

天気予報はあんまりだったが、渋ノ湯には結構人がいた。
トレースも普通にあるので、特にラッセルの必要もなく、
途中団体さんと抜きつ抜かれつしつつ、高見石到着。

この日、高見石小屋でテントという奇特な人はおらず、1張のみ。
明日の天気もそれほど期待できそうにないので、
とりあえず高見石に登っておく。

20120121-2.jpg

高見石より小屋を見下ろす。


20120121-3.jpg

何も見えないかも...と思ったけど、
一瞬白駒池が見えた。


夜は意外に暖かかった。
しかしながら、咳が止まらずあまり眠れなかった...
(山に行く時は体調を整えてから行きましょう)


20120121-4.jpg

翌朝は寝坊気味に起きたが、テント撤収の頃には青空。
天気予報が好転したらしい。

ということで、ニュウに向け、出発。


20120121-5.jpg

中山展望台より蓼科山方面。
北アルプスも見えていた。

そのままトレースをたどり、先に進む。


20120121-6.jpg

主稜線からニュウに向かう分岐の手前で、天狗が姿を現す。

ニュウに向かうルートはトレースなし。
時々膝まで埋まる程度のラッセルを交代で楽しむ。

途中から稜線沿いのごろごろ岩エリアのアップダウンとなるが、
直前に雪が降ったため、トレースはないものの、
そもそもの降雪量が多くないため、岩と岩の間が雪で埋まっておらず、
油断すると落とし穴状態で踏みぬき発生。
踏みぬくと精神的ダメージが大きいので、慎重に行く。

ニュウ直下で激しくラッセルとなるが、
膝で雪を崩しつつ、よじ上がる。
ここで荷物をデポし、ニュウのピークへ。

去年は雪で埋まっていた岩と岩の隙間が、
ぱっと見、雪が積もっていて隠れているものの、
きちんと埋まっていないため、気をつけないと隙間に落ちる。
落ちると結構深い場所もあるため、慎重にピークへ。


20120121-7.jpg

とうちゃく~!


20120121-8.jpg

北横岳方面。


20120121-9.jpg

天狗に


20120121-10.jpg

硫黄

風もあまり強くなく、ピークでのんびり。


後は下山するだけ...
稲子湯に向かって下山開始。
もう一組がニュウで追い越して行ったので、
途中まではトレースがあったが、
白駒池に向かって行ってしまったため、
分岐から先はノートレース。
再びプチラッセル。

しゃくなげ尾根は道が荒れ気味なのか、倒木でふさがれ、
「道はどっち!?」と考える場面も時々発生。
そうは言っても大したことなく、順調に林道に到着。

そしてここからが本日の核心。
林道途中にあった、「稲子湯」の道標に従い、
林道をそれて、登山道らしきところを歩きはじめたが、
地形図とコンパスの情報によると、どう考えても、
このルート、稲子湯に向かってないよ?

ということで何度も軌道修正しつつ、明らかに登山道ではない
斜面を無理やりトラバース気味に通過し、
「こっちだと思うんだけど、大丈夫だろうか...」と
不安になったあたりで、赤テープ発見。
狂喜乱舞して、唐沢橋到着。
あー、よかった。
1時間ぐらい無駄に徘徊してしまった。

そのまま稲子湯に向かい、温泉で温まって&さっぱりして帰途についた。


天気予報があまりよくなかったので、期待してなかったけど
意外にいいお天気で展望もそこそこ楽しめました。

それにしても...「標高が低いところの方が道に迷いやすい」
というセオリー通りの展開となってしまった。
そして、この現象はこの1回で終わらなかったのである。


(うっきー記)

スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/02/13(月) 23:24:41|
  2. 個人山行:八ヶ岳
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<棚横手山~甲州高尾山 | ホーム | 鍋割山~塔ノ岳>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://oltozan.blog77.fc2.com/tb.php/283-d1d03bdb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カテゴリ

山行一覧 (2)
定例山行 (27)
個人山行:北海道・東北・常磐 (12)
個人山行:上信越 (23)
個人山行:奥多摩・秩父・中央線 (64)
個人山行:丹沢・東海道 (45)
個人山行:八ヶ岳 (30)
個人山行:南・中央アルプス (13)
個人山行:北アルプス (64)
個人山行:北信 (10)
個人山行:木曽 (0)
個人山行:関西 (10)
個人山行:中国・四国・九州 (2)
個人山行:その他 (3)
個人山行(海外) (1)
未分類 (2)
このBlogについて (1)

プロフィール

OL登山委員会非公式サイト

Author:OL登山委員会非公式サイト
OL登山委員会メンバーの個人記録です。

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。