FC2ブログ

OL登山委員会非公式サイト

OL登山委員会関東支部の非公式サイトです。メンバの個人山行を主に記録します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

小川山ふたたび

20111015-1.jpg

再び小川山。
今回は総勢13名のきのこがり&クライミング企画。

天気予報は悪かったのですが、日曜日は
とてもいいお天気になり、
青空に紅葉が映える気持ちのいい一日でした。



それぞれの車に分乗し、小川山集合。
土曜日は雨が降っていたので、あまりはやく
行ってもしょうがないか...ということで、
途中よりみち。


20111015-2.jpg

国立天文台 野辺山


20111015-3.jpg

45m電波望遠鏡。


昼過ぎに廻り目平キャンプ場に到着。
今回は2棟しかないバンガローを借しきり。
夜雨が降ったので、バンガロー組は快適でした。

タープを張って、テント設営。
雨が降ってなかったので、キノコ組と別れ、
登れる岩を探しさまよう。


ソラマメスラブ。
雨の後なので、岩がぬれている。
少しでも乾いてそうなルートを探す。

20111015-4.jpg

「甘食(5.10b)」


20111015-5.jpg

左側に「生木が倒れたよ(5.9)」
ロープのあるところが「三色すみれ(5.10a)」
右側に半端にロープがかかってるのが「スラブの逆襲(5.11b)」

三色すみれのど真ん中が大変濡れているので、
左側にかなーり寄りつつ登ってみる。
スラブの逆襲は2人しかトライしませんでしたが、
逆襲されてました。

雨が降りはじめたので、撤収。

「行き帰りにきのこを探してきてね」ときのこマスターに
言われたので、カラマツ林を中心に探しながら
キャンプ場に戻るが、さっぱり見つからず。
今年は遅いのかどうか、あまり出てないようです。
きのこ狩り組もイマイチだったようす。
といいつつも収穫していただいたきのこは
美味しくいただきました。


20111015-6.jpg

夜は焚火宴会。

宴会会場のすぐ隣に、ソロテントが一張ありまして、
外国人の方がいらっしゃったのですが、
これは13人で宴会したら、ブーイングだよなーということになり、
「巻きこんじゃおう作戦」が実行された。

きのこ汁を無理やり押し付け、こっちに来いと誘う。
チェコ人のマイケルという若者で、日本を長期で旅行しているとのこと。
セミプロの写真家のようで、見せてもらった北海道の山の写真が
すばらしく美しかった。

「こんなに持ってきたの!?」という酒も無事にほぼなくなり、
順次就寝。


夜中は結構雨が降っていたが、翌朝はいいお天気。

20111015-7.jpg

黄葉にはおひさまが必要。


20111015-8.jpg

青空だし!


きのこがりチームはきのこを求めて別の場所に移動していった。

20111015-9.jpg

岩登りチームは5人+マイケル+見学1名にて出発。

マイケルと3人は水晶スラブ方面へ。
2名+見学1名は3峰に向かう。
そうです、前回最終ピッチを登り残してしまったので、
リベンジなのだ。

取り付きに到着したら、7名パーティーが...。
どうする?と悩んだが、とりあえずしばらく待つこととする。


20111015-10.jpg

取り付きの岩。

先行パーティーが登るのを待つ間、
紅葉を眺めて気を紛らわせる。


20111015-11.jpg

黄色いのとか。


20111015-12.jpg

赤いのとか。

なかなか先に進まないので、途中で下のつるかめスラブを
登って時間調整。

そうこうしているうちに、ようやく先行パーティーがはけたので、
登りはじめることとする。

前回は南稜神奈川ルートを行ったので、
今回は南稜レモンルートに行こうかと思っていたが、
先行パーティーが南稜レモンに向かったので、渋滞必至。
ということで、今回も南稜神奈川へ。
(スタートとゴールが同じ)

1ピッチ目。
リードが、前回私がカム(支点)を回収し忘れたせいなのかどうか、
あまり支点をとらずに登っていく。
回収の手間が省けていいんですけどね。


20111015-13.jpg

1ピッチ目終了点付近から。
3週間前はこんなでした。
全然違う。


20111015-14.jpg

南稜レモンに向かう先行パーティーと
ルートが交錯したので、少々待ち。


2ピッチ目。
左にトラバースし、途中からクラック沿いに左上。
前回私が落ちたところです。

1ピッチ目はあんなに支点とってなかったのに、
やけに沢山支点がとってある。
前回は全然とってなかったのにさー。
(回収しなきゃいけない&でっかいカムなので重い)
心の中でぶつぶつ呟きながら登る。
前回落ちたポイントも、さすがに2回目なので
なんとかクリア。


20111015-15.jpg

さて、核心の3ピッチ目のスタート。
この隙間にはまるのです。

前回は怖くてどんどん奥に入ってしまい、身動きが取れず、
おしりをひっかけて登ったのですが、
今回はその教訓を活かし、あまり奥に入らないようにする。
(隙間は奥に行くほど狭い)
前足と後ろ足をつっぱって、ずりっとあがってみる。
あ、できた!...かも。 
ちょっとずつずりずりとあがり、無事に通過。
少し進歩しました。


20111015-16.jpg

3ピッチ目終了点で少し休憩。
4峰の紅葉。


4ピッチ目。
トラバース気味に岩を回り込み、最後はスラブを上がる。
前回はこの取り付きに気付かなかったのです。

最後、てっぺんに登る少し手前で4ピッチ目終了。
「最後は先に登っていいよ」と言われ、
登ったら、ネコになった。
「身動きとれません」

上にあがってきてもらい、どこがてっぺんかうろうろ探す。


20111015-17.jpg

ここがてっぺんということにした。


20111015-18.jpg

こっちの方がかっこいいけど。
さっきのてっぺんから懸垂の支点にたどり着くために、
この脇を通過しなくてはならないのだが、
岩が非常にもろくてぼろぼろ崩れる。
別の意味で緊張。


20111015-19.jpg

懸垂下降2回で無事に取り付き到着。


後の3人がテント撤収中とのことだったので、
そのまま引き上げることとした。


20111015-20.jpg

対岸の紅葉もキレイでした。
マイケルがとった写真はもっともっと
キレイだったのですが、
同じようにはとれないなあ。


帰りは温泉で入浴、SAで夕食、渋滞はしてたけど、
それほどでもなく、無事に帰宅。


「小川山の紅葉キレイだよ」とは聞いてましたが、
本当にキレイでした。
久しぶりにみんな集まっての宴会も楽しかった。


========================

◎日程:10月15日(土)~16日(日)

========================



(うっきー記)



スポンサーサイト

テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/10/22(土) 12:33:27|
  2. 個人山行:奥多摩・秩父・中央線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<塔ノ岳 | ホーム | 小川山 クライミング>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://oltozan.blog77.fc2.com/tb.php/274-c4d1c38b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カテゴリ

山行一覧 (2)
定例山行 (27)
個人山行:北海道・東北・常磐 (12)
個人山行:上信越 (23)
個人山行:奥多摩・秩父・中央線 (64)
個人山行:丹沢・東海道 (45)
個人山行:八ヶ岳 (30)
個人山行:南・中央アルプス (13)
個人山行:北アルプス (64)
個人山行:北信 (10)
個人山行:木曽 (0)
個人山行:関西 (10)
個人山行:中国・四国・九州 (2)
個人山行:その他 (3)
個人山行(海外) (1)
未分類 (2)
このBlogについて (1)

プロフィール

OL登山委員会非公式サイト

Author:OL登山委員会非公式サイト
OL登山委員会メンバーの個人記録です。

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。