OL登山委員会非公式サイト

OL登山委員会関東支部の非公式サイトです。メンバの個人山行を主に記録します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

鳳凰三山

20110910-1.jpg


いろいろありまして、鋸以来ヤマを歩いてなかったのです。
まあ、お天気とかお天気とかお天気の都合なんですが。

そろそろ行っとかないとまずいよなあ...
しかし金曜日は飲み会。
土曜日の朝出で行けるアルプスって...?

========================

◎日程:9月10日(土)~11日(日)

◎行程:
<1日目>
夜叉神峠登山口(10:40)~夜叉神峠(11:35~11:50)~杖立峠(12:55~13:10)~苺平(14:20~14:30)~南御室小屋(14:50)
<2日目>
南御室小屋(4:45)~薬師岳(5:50~6:00)~観音岳(6:25~6:45)~赤抜沢ノ頭(7:35~7:50)~オベリスクで遊ぶ(7:55~8:20)~鳳凰小屋(8:40~8:45)~五色の滝(9:15)~白糸の滝(9:30~9:40)~南精進の滝(10:30)~青木鉱泉(11:45)

◎参加人数:単独

◎アクセス
<行き>
※甲府まであずさ 
甲府(9:00)~夜叉神峠登山口(10:10) バス …1380円
<帰り>
青木鉱泉(12:15)~韮崎(13:10) バス …1700円

◎南御室小屋テント場:500円

◎青木鉱泉 日帰り入浴:1000円
せっけんのみ、シャンプーなし

========================



ということで朝一のあずさで甲府まで。
本当は各駅でも行けたのですが、早起きする根性なし。

甲府でバスに乗り換え夜叉神峠登山口まで。
途中全て爆睡。

夜叉神峠でだらだら準備をし、同じバスで到着した人が
あらかた出発したところで、ようやく歩きはじめる。

このルートはOL登山委員会に入会した年に、
一人でどきどきしながら歩いて以来です。
しかも当時まだ走っていた急行アルプスで、甲府を深夜出発のバスに乗ったら、
夜叉神峠登山口のバス停到着は真っ暗。
薄暗い中を歩き、気が付いたら宿泊予定の南御室小屋に
10時過ぎに到着してしまい、時間を持て余し、途方に暮れた。
なので、今回は東京朝出でも十分なはず。
(コースタイムは5時間40分なんですけどね...)

と言っても、今回はテントをかついできてしまったので、
登りは少々辛い。


20110910-2.jpg

夜叉神峠に到着。
雲はわきはじめたものの、なんとなく山は見えてます。

少し下ってその後は登り。
尾根を登り、途中からは尾根の横をトラバース気味に行く。

大崖頭山のところで少し休憩。
やっぱりエアリアのコースタイムは甘すぎる気がするなあ。
(持ってるのは10年前のエアリアだけど、
最近のはコースタイム変わってるのかな?)


20110910-3.jpg


杖立峠~苺平:1時間10分
エアリアの杖立峠~苺平:2時間

うむむ。

だんだん空模様があやしくなってきたので、少し急ぎ気味に。


20110910-4.jpg


杖立峠~南御室小屋:1時間30分
エアリアの杖立峠~南御室小屋:2時間40分

看板の方が正しいような気がする。


南御室小屋に到着したので、テント場受付、テント設営。
思ったより早めに到着したので、睡眠不足を解消するべく、
テントでお昼寝。気持ちいい~。

軽量化に努めたため、ご飯は粗食だったが、
1泊だけなので、問題なし。

早めの夕食の後は、夕日を見られるかな...?と
展望ポイントへ。


20110910-5.jpg

昼間のガスはだいぶん晴れたものの、
夕日も山もガスの中。
雲はほんのり焼けた。


20110910-6.jpg

そのままねばってたら、北岳登場。


20110910-7.jpg

明日もいいお天気になるかな?
テント場に戻り、上を見上げたら、お月さまがまんまるだった。

夏用シュラフだったが、ぐっすり。
結構気温は高かった。


翌朝は3時起き。
星がいっぱい。いいお天気。
アルファ米のごはんとスープを食べ、すみやかに撤収。
まだ暗いうちに出発。

樹林の中を歩いていると、東側の空が尋常じゃない色になっている。
ああ、早く森林限界を越えたい。
といっても、スピードはあがらないけど。


20110910-8.jpg

砂払岳で朝日。


20110910-9.jpg

北岳に朝日があたる。


20110910-10.jpg


20110910-11.jpg

稜線では秋がはじまっていた。

出発しようとする人で賑わう薬師岳小屋を横目に薬師岳山頂へ。


20110910-12.jpg

貸し切り。


20110910-13.jpg

北岳くっきり。


20110910-14.jpg

富士山。

観音岳までは白砂の気持ちよさそうなルート。
テンションあがり気味で進む。


20110910-15.jpg

観音岳まで来ると、甲斐駒さまがかっこいい。
1ヶ月ぶりですね。
あの時は山頂はガスの中でしたが...


20110910-16.jpg

少しずつ雲がわきはじめた。


20110910-17.jpg

だいぶん文字が薄くなっている。


20110910-19.jpg

いいなあ...やっぱり森林限界越え。


20110910-18.jpg

次の目標、地蔵岳のオベリスクが。


赤抜沢ノ頭でちょっと休憩し、賽の河原に向けて下る。


20110910-20.jpg

賽の河原のお地蔵さまに挨拶して、オベリスクへ。
後ろにちょこんと見えてるのは甲斐駒。


岩場の下に荷物を下ろし、さて行きますか。
といっても、てっぺんまで行く気はないのですが。
最後のフィックスロープがかかってる所の下まで行こうかなって。


20110910-21.jpg

見下ろすとこんなかんじで


20110910-22.jpg

写真とってもらうとこんなかんじ


20110910-23.jpg

ぱっくり割れた岩の左下のちょうど人がいるところあたりまで。
前よりは上まで登ったことだし、これでいいことにします。


さあ、ここからは怒涛の下り。
青木鉱泉のバスは12時の次は15時。
12時...ムリだよなあ
でもなあ...乗れるといいなあ

ということで、早めにかつ慎重にがんがん下る。


20110910-24.jpg

鳳凰小屋を過ぎた河原より後ろを振り返る。

この後は滝を数えながらひたすら下り。

前回はこの激下りにすっかりやられて、バンテリンを塗りながら
だましだまし下ったっけ...


20110910-25.jpg

白糸の滝。
ひょっとしたら...?

といっても、転ぶと危険なので慎重に。

そしてやっぱり足が動かなくなってきた。
まあねー、最近ヤマ歩いてなかったしなあ。

河原で道を見失ったり、工事の迂回路が出来てて、
ちょっと大回りしたりして、もうこれはムリだと思ったのだが、
ふいに青木鉱泉が眼前に!!
「風呂に入れるし、12時のバスに乗れる!」
ということで、速攻で風呂に入り、無事に12時のバス乗車。

バスの中でぐっすり眠り、韮崎到着。
しかし電車の接続が非常に悪く...
結局甲府からあずさに乗ってしまった。


実は今回ソロテント泊デビューだったのです。
テントは持ってましたが、一人では行ったことなかったのです。
2人用テントに1人利用はやっぱりひろびろしてますね。
散らかし放題(笑)。


快晴の南アルプスに行ったら、
やっぱり北アルプスに行きたくなってしまった。


(うっきー記)




スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/09/18(日) 22:02:08|
  2. 個人山行:南・中央アルプス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<小川山 クライミング | ホーム | 鋸岳縦走3日目 六合目石室~甲斐駒ケ岳~黒戸尾根~竹宇駒ケ岳神社>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://oltozan.blog77.fc2.com/tb.php/272-11516a73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カテゴリ

山行一覧 (2)
定例山行 (27)
個人山行:北海道・東北・常磐 (12)
個人山行:上信越 (23)
個人山行:奥多摩・秩父・中央線 (64)
個人山行:丹沢・東海道 (45)
個人山行:八ヶ岳 (30)
個人山行:南・中央アルプス (13)
個人山行:北アルプス (64)
個人山行:北信 (10)
個人山行:木曽 (0)
個人山行:関西 (10)
個人山行:中国・四国・九州 (2)
個人山行:その他 (3)
個人山行(海外) (1)
未分類 (2)
このBlogについて (1)

プロフィール

OL登山委員会非公式サイト

Author:OL登山委員会非公式サイト
OL登山委員会メンバーの個人記録です。

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。