FC2ブログ

OL登山委員会非公式サイト

OL登山委員会関東支部の非公式サイトです。メンバの個人山行を主に記録します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

小仙丈岳

20110430-1.jpg
(ピッケルで体を支えながら撮影。斜めってる...)


景鶴~平ヶ岳に行きたかったが、どうにもこうにも
3日間の休みが取れず。
2日間で行ける残雪の山って...
いろいろ検討の末、仙丈ケ岳を目指すこととした。
強風にて撤退の記録。

========================

◎日程:4月30(土)~5月1日(日)

◎行程:
<1日目>
歌宿(7:05)~北沢峠(9:00~9:40※テント設営)~大滝ノ頭(11:30~11:50)~小仙丈岳(13:00)~大滝ノ頭(13:40)~北沢峠(14:45)
<2日目>
北沢峠(5:40ごろ)~歌宿(7:10ごろ)

◎参加人数:2名(OL+元OL)

◎アクセス
<行き>
新宿(21:30)~伊那市(0:40) 高速バス  往復6600円
※伊那市で前泊
伊那市~仙流荘 タクシー 8000円弱 約30分
仙流荘(6:05)~歌宿(6:45) バス 800円+手荷物料金200円 
 
<帰り>
歌宿(7:35)~仙流荘(8:10) バス
仙流荘(8:37)~高遠(9:06) バス 300円 
※高遠で入浴
高遠(11:30)~伊那市(11:47) バス ?円
伊那市(13:25)~新宿(16:45のはずだった)

◎エビスホテル ツインルーム素泊まり:1人4000円

◎北沢駒仙小屋 テント:1人500円

◎高遠さくらの湯 日帰り入浴:600円

========================




初日に北沢峠まで行き、翌日に仙丈を往復して下山というのが
妥当なコースと思ったが、日曜日の天気予報があまりに悪い。

GWで道路渋滞が考えられるため、金曜日のうちに
伊那市入りすることになっていた。
伊那市から仙流荘までタクシーを使えば、朝一番のバスに間に合う。
それならぎりぎり土曜日のうちに仙丈ケ岳を往復できるかも?
ということで、前日に急遽予定変更。

朝一番のバスはそこそこ混んでいた。
この時期、バスは北沢峠までは行かず、手前の歌宿までしか入らない。
歌宿で下ろされ、その後は徒歩。

林道は落石がごろごろしていて、休憩場所に気を遣う。
それでも朝は天気よく、気持ちよかった。
久しぶりのテント荷物が肩に食い込む。

北沢峠前後はつるつるに凍っているところがあり、少々緊張。
きっちり2時間かけて北沢峠到着。
受付すませてテント設営。

身軽になって出発。
歩きはじめはアイゼンは着けず。
二合目で少し休憩。
雲行きが少し怪しくなってきた。
風も強い。

どんどん下山してくる人とすれ違う。
こんな時間から登り!?ってかんじであるが...
気を取り直して先に進む。
かなりの急登でムダなく標高を稼ぐ。

大滝ノ頭でアイゼンを装着。
少し登り、森林限界を越えた途端...ものすごい風が...
しかも、一日で標高を稼いだため、高山病というほどでないものの、
動きも鈍くなってきた。

20110430-2.jpg

振り返ると甲斐駒。


20110430-3.jpg

栗沢山からアサヨ峰の方。


登るにつれてどんどん風は強くなり。
小仙丈直下の急斜面を登っている途中も、風にあおられ、
真剣に耐風姿勢をとりながら進む。

で、小仙丈の先は...ヤセ尾根です。
この風で先に進むのは危険と判断。
写真だけ撮り、下山開始。


20110430-4.jpg

帽子の紐とザックのベルトの流れ具合で風の強さを推し量って下さい。


耐風姿勢をとりつつ、風が少しおさまったところで少し下る。
なかなか先に進みません。
小仙丈直下の急斜面は後ろ向きで下り、逃げるように下山。
下りは早いねえ。


20110430-5.jpg

こんなヤセ尾根もある訳ですが。


20110430-6.jpg

さっさとテント場に戻り、のんびり夕食&プチ宴会。

甲斐駒方面に向かった方もあまりの強風に
駒津峰あたりで撤退してきたとのこと。

することもないのでさっさと就寝。


翌朝は4時起床。
うーん、やっぱり雨だ。

朝食を食べ、撤収。
バス停に向け、下山開始。

ながーい林道をうんざりしながらバス停へ。
なんとか朝一番のバスに間に合った。

仙流荘の入浴は朝10時からとのことだったので、
高遠に移動、さくらの湯で入浴して帰途についた。



土曜日の天気予報が悪くなかったので、大丈夫かと思ったが、
高層観測だと標高3000メートルあたりの風が強そうだなあと
一抹の不安をかんじた。やはり...という天気であった。

まあ、小仙丈で引き返してよかったと思う。
私たちの力では、あの天候ではあの先には行けなかったということ。



(うっきー記)


スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/05/17(火) 00:14:21|
  2. 個人山行:南・中央アルプス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<屏風岩山 | ホーム | 塔ノ岳>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://oltozan.blog77.fc2.com/tb.php/263-52bc88d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カテゴリ

山行一覧 (2)
定例山行 (27)
個人山行:北海道・東北・常磐 (12)
個人山行:上信越 (23)
個人山行:奥多摩・秩父・中央線 (64)
個人山行:丹沢・東海道 (45)
個人山行:八ヶ岳 (30)
個人山行:南・中央アルプス (13)
個人山行:北アルプス (64)
個人山行:北信 (10)
個人山行:木曽 (0)
個人山行:関西 (10)
個人山行:中国・四国・九州 (2)
個人山行:その他 (3)
個人山行(海外) (1)
未分類 (2)
このBlogについて (1)

プロフィール

OL登山委員会非公式サイト

Author:OL登山委員会非公式サイト
OL登山委員会メンバーの個人記録です。

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。